ろく助の塩は、塩分控えめ?

ろく助の塩の通販情報 > ろく助の塩は、塩分控えめ?

ろく助の塩は、塩分控えめなのか?

ろく助の塩は、非常にマイルドな味わいの塩です。

日本食品分析センターの調べによると、150gの「ろく助の塩」に含まれている塩化ナトリウムは122gです。

それに対して、昆布などの甘味成分である遊離グルタミン酸がなんと18.5gも含まれています。

そして、シイタケなどの旨味成分である5’−グルタミン酸も680mgも含まれています。

さらに、鰹節などの旨味成分である5’−イノシン酸も740mgも含まれています。

また、カリウムが50mg、カルシウムが30mg、マグネシウムが20mgも入っています。

ろく助の塩は、塩でありながら、塩化ナトリウムが約81%と、多くの塩が約98%も塩化ナトリウムが含まれていることから考えると、旨味成分がいかに多く含まれているか分かると思います。

ちなみに、ろく助の塩は、旨味成分であるグルタミン酸が全体の約12%も占めています。